これまでの活動

2018年5月19日(土)パレスチナ学生基金主催
ナクバ70周年講演会

講演:臼杵陽(本基金副理事長・日本女子大学教授)
       「ナクバ70周年を未来に向けて回顧する」
       岡真理氏(京都大学教授)
    「Becoming ― パレスチナ人《であること》/パレスチナ人《になること》」

2018年は、1948年5月のイスラエル建国に伴い、そこに住むパレスチナ人が故郷を追われ離散してから70年目にあたります。 この節目の年に、長年パレスチナ研究に携わっている2人の講演者に、これまでの離散と占領の歴史を回顧しつつ、今日のパレスチナ社会の姿について聞きました。また、100名を越える方に来場して頂きました。


2017年6月18日(日)パレスチナ学生基金主催
公開講演会「占領50年:パレスチナで見た人々と暮らし」

2017年は第三次中東戦争(1967年)から50年目という節目に当たります。 長期化する占領が人々の生活にどのような影響を与えるのか、長年パレスチナを見て こられたジャーナリストの古居みずえ氏をお迎えし、貴重なお話を伺いました。


2017年1月22日(日)ヤコヴ・ラブキン教授 公開講演会
「チェス盤上のロシア」

アジア経済研究所の招聘により2年半ぶりに来日される ヤコヴ・ラブキン教授(モントリオール大学)に、国際政治のチェスゲームの中で、 革命100周年を迎えたロシアがどのような外交政策を推し進めるのか、 その傾向と展望について語っていただきました。パレスチナ学生基金は主催団体の1つでした。


2016年5月28日(土)パレスチナ学生基金主催
〈公開座談会〉「イスラモフォビアと難民問題」」

座談会出席者:塩尻和子氏、鵜飼哲氏、臼杵陽氏
総合司会:錦田愛子氏
2015年からの欧州での難民危機、パリとブリュッセルでのテロ事件などを受けて、 イスラモフォビアは再び重要な問題となりつつあります。イスラモフォビアと難民問題を考えることは、 パレスチナ問題を今日的視点でどう把握することができるか、という議論を提示することにもなりました。


2015年6月13日(土)パレスチナ学生基金主催
「2015年イスラエル選挙とパレスチナ問題」

講演者:臼杵陽氏
 2015年のイスラエル総選挙とパレスチナ情勢を振り返りました。

2014年5月17日(土)パレスチナ学生基金主催
「「パレスチナを記録する意味」」

ジャーナリストの広河隆一氏にお話を伺いました。


2013年5月18日(土)パレスチナ学生基金公開講演会
「イランとアメリカ/世界の中心と超大国」


放送大学教授の高橋和夫氏をお招きし、イランの核開発とアメリカ、イスラエルとの関係などについて、お話を伺いました。


2012年11月11日(日)パレスチナ学生基金主催
「常味裕司氏 チャリティー ウード コンサート」

日本だけでなく世界でも活躍するウード演奏家である常味裕司氏によるチャリティー ウード コンサートを開催いたしました。 アラブだけでなく音楽に興味がある方にもお越しいただきました。


2012年6月23日(土)パレスチナ学生基金公開講演会
「オスロ合意の罠 ― 入植活動はなぜ続くのか」

奈良本英佑氏をお招きし、オスロ合意以降に焦点を当てながら、根本的な問題は何かについて語っていただきました。 さらに、ジャーナリストの小田切拓氏にもコメントをいただきました。


2011年5月13日(土)シンポジウム
「アラブ民主化の波でパレスチナはどう変わるのか」

エジプト政変でパレスチナ・イスラエル情勢はどう動くのかについて、「土井敏邦 パレスチナ・記録の会」と共同でのシンポジウムを開催いたしました。


2011年2月12日(土)パレスチナ学生基金公開講演会
「エジプト政変をめぐって ―国内勢力の動きと国際関係―」

エジプトのムスリム同胞団の専門家である横田貴之氏をお招きし、エジプト政変をめぐるムスリム同胞団の動きと、 マクロな国際政治情勢に与える影響についてお話いただきました。


2011年1月10日(月)パレスチナ学生基金公開講演会
「パレスチナ難民の”今”と足跡 ~UNRWA支援の現場から考える~」

防衛大学校教授立山良司氏をお招きし、パレスチナ/イスラエル間の紛争とUNRWAの歩みを歴史的に振り返り、 現在のパレスチナ難民の置かれた状況をそのなかで捉えることによって 難民たちが直面する問題に対する取り組みの“今”と足跡を考えることを目的に開催しました。


イスラエル/パレスチナ紛争関連年表

1897年 バーゼルで第1 回世界シオニスト会議
1914年 第一次世界大戦開始
1916年 サイクス=ピコ秘密協定
1917年 バルフォア宣言発表
1920年 サン・レモ会議(イギリスのパレスチナ委任統治が決定)
1929年 エルサレム「嘆きの壁」事件(アラブ勢力とユダヤ勢力の衝突
1936年 「アラブ大反乱」が始まる(委任統治とシオニストへの反対運動)
1947年 国連総会でパレスチナ分割決議(第181 号)を採択
1948年 ディル・ヤースィーン村などで虐殺(この前後から「ナクバ」始まる)
イスラエル建国宣言、アラブ諸国軍との衝突が始まる
1964年 パレスチナ解放機構(PLO)設立
1967年 「六日間戦争」でイスラエルが西岸地区とガザ地区を占領
国連安保理決議第242 号が採択される(占領地からの撤退を要求)
1969年 ファタハのヤーセル・アラファートがPLO 議長に就任
1970年 エジプトでサーダート大統領が就任(ナセル主義の終焉)
1978年 キャンプ・デーヴィッド合意
1979年 エジプト=イスラエル平和条約締結
1982年 サブラー・シャティーラー難民キャンプでの虐殺(レバノン内戦)
1987年 第1 次インティファーダ(民衆蜂起)開始
1988年 PNCがパレスチナ独立宣言(イスラエルとの共存を認める)
1991年 マドリード中東和平会議が始まる(PLO は参加が認められない)
1993年 オスロ合意(=DOP 締結)(イスラエルとPLO の直接交渉が始まる)
1995年 ラビン首相が極右のユダヤ人に暗殺される
1999年 DOP による暫定自治期間が終わる
2000年 キャンプ・デーヴィッド会議決裂(クリントン大統領が仲介
第2 次(アル=アクサー)インティファーダ開始
2001年 アメリカで「9.11」事件、ブッシュ大統領が「対テロ戦争」提唱
2002年 ハマースの自爆攻撃を受けてイスラエル軍が西岸地区を軍事制圧
「守りの楯」作戦、ジェニンで虐殺が起こる
2003年 カルテット(米・露・EU・国連)が「ロード・マップ」を提示
2004年3月 ハマースの精神的指導者シャイフ・アフマド・ヤースィーン暗殺
2004年4月 ハマースの指導者アブドゥルアズィーズ・ランティーシー暗殺
2004年5月 ガザ地区のラファにイスラエル軍が侵攻、大規模な家屋破壊
2004年11月 PLO議長のヤーセル・アラファートが死去
2005年1月 選挙でマフムード・アッバースが自治政府大統領に就任
2005年9月 ガザ地区からイスラエル(入植地)が一方的撤退
2006年1月 立法(自治)評議会選挙でハマースが第一党になる
2006年3月 ハマース主導の内閣が成立
EU、米国をはじめ各国が自治政府への援助を停止
2006年6月 イスラエル兵ギラド・シャリットの誘拐を受けた軍のガザ侵攻
2006年7月 イスラエルとヒズブッラーの間でレバノン戦争が起きる
2007年3月 ファタハとハマースによる連立政権が発足
2007年4月 ウィノグラード調査委員会がレバノン戦争の中間報告書を提出
2007年6月 ハマースがガザ地区を制圧、ファタハ主導の西岸地区と分離
イスラエルはガザ地区に対する経済封鎖を強化
アッバース大統領はハニーヤ首相を解任。ファイヤード氏を首相に任命
2008年1月 困窮したガザ住民がエジプト国境にある壁を一時的に突破
2008年6月 ハマースとイスラエルが6ヶ月間の停戦に合意
2008年11月 停戦後初の戦闘が発生、パレスチナ人6人が死亡
2008年12月 イスラエル軍によるガザ侵攻(作戦名 Cast Lead)開始(19日)
2009年1月 ガザ侵攻で地上戦開始(3日)、イスラエルが一方的停戦を発表(17日)
アッバース大統領、任期切れ(9日)
アメリカでオバマ大統領が就任(20日)

現地調査関連情報

パレスチナ側の大学図書館

パレスチナ側の大学は、図書館の蔵書数も限られ、それほど利用しやすいとはいえない。 主要な大学としては、ラーマッラーのビールゼイト大学、東エルサレムのアル=クドゥス大学、 ベツレヘム大学、ナーブルスのナジャフ大学などが挙げられる。

パレスチナの研究機関情報

むしろ外国人として利用しやすいのは、各種調査研究機関や、人権団体の調査部、 国連機関の発行している 資料類。主要な物としては以下が挙げられる。

OCHA(Office for the Coordination of Humanitarian Affairs)占領地事務所
東エルサレムのセント・ジョージ通りの先にある。国連の人権問題関係の調査事務所で、チェックポイントや分離壁の地図を無料でもらえる。 その他、イスラエルによる占領関係の最新情報について、統計などのデータが充実している。

PASSIA(The Palestinian Academic Society for the Study of International Affairs)
東エルサレムのサラーハッディーン通りの裏手にある。英語、アラビア語による刊行物は、エルサレムに関するものが多く、厚さの割には高額。 毎年発行されるスケジュール帳は、主要な機関の電話番号等が網羅されており重宝。

IPCRI(Israel/Palestine Center for Research and Information)
エルサレムとベツレヘムの間にある研究所。イスラエル側、パレスチナ側、 外国からの研究者が合同で、頻繁にワークショップを開催。資料も充実しており、コピーは実費でとらせてもらえる。

BADIL(Resource Center for Palestinian Residency and Refugee Rights)
ベツレヘム地区にある人権団体で、付属研究部門が充実。英語とアラビア語で定期刊行物のほか、 難民問題に関する出版物を発行している。 UNRWA等の統計資料をもとにしたパレスチナ難民についての資料集(Survey)が、毎年更新して刊行されている。 JMCC(Jerusalem Media and Communication Centre)パレスチナ自治区内のさまざまなテーマに関して、 独自の世論調査を行っている。大半のデータはウェブサイトで閲覧が可能。事務所は分かりにくい場所にある。

PSR(Palestinian Center for Policy and Survey Research)
ラーマッラーの郊外にある研究所。パレスチナ自治区内の世論調査、分析を行い、 レバノンやヨルダンの調査機関とも提携して比較調査を実施することが多い。 調査データはウェブサイトで閲覧可能。所長のシカーキ氏は来日経験が豊富。

書店

東エルサレムのサラーハッディーン通り沿いにいくつか書店があり、アラビア語、英語文献が手に入る。 Educational Bookstore(Maktaba 'Ilmi)は代表的で、自治政府その他が発行するパレスチナ、 イスラエル、中東関係の地図や、上記の各種調査機関の定期刊行物も置いている。 シェケルのほかに、ドル払い、クレジットカードの利用が可能。文房具や新聞の類も充実している。

同じく東エルサレムのアメリカン・コロニーの敷地内にある書店も、 イスラエル/パレスチナ関係、および近刊の国際政治系の洋書はそこそこ充実している。 ドル払い、クレジットカードの利用が可能。店内が狭いので少々見づらいのが難点。

エルサレム以外では、ラーマッラー中心部のマナール広場の少し西、鞄屋の並び左手に書店があり、 英語およびアラビア語文献が手に入る。


イスラエル側の図書館

イスラエル側では、ヘブライ大学(東のスコーパス・キャンパスが文系)、 ハイファー大学、テルアビブ大学、 ベングリオン大学等で図書館、書籍部ともに充実している。

イスラエル国立公文書館(Israel State Archives)
住所:Prime Minister’s Office, Qiryat Ben-Gurion , Jerusalem 91919

イスラエル国立図書館(The Jewish National and University Library)
住所:ヘブライ大学ギブアット・ラムキャンパス内(Edmond Safra campus, Givat Ram, Jerusalem 91390)

ダイアンセンター付属図書館(The Moshe Dayan Center for Middle Eastern and African Studies Library)
住所:テルアビブ大学内(Ramat Aviv, Tel Aviv 69978)

トルーマン研究所付属図書館 (The Harry S Truman Institute Library and Documentation Center)
住所:ヘブライ大学マウント・スコープスキャンパス内(Mount Scopus, Jerusalem 91905)

■ハーリディー図書館 (The Khalidiyya Library )
住所:エルサレム旧市街・ムスリム地区内(Bab al-Silsila St.) 詳細とその他の東エルサレムにある図書館・古文書館情報等については Institution for Palestine Studies 発行のJerusalem Quarterly を参照。

参考図書(邦文)

中東一般

『アラブの歴史 上・下』フィリップ・K・ヒッティ(岩永博訳)講談社(講談社学術文庫)1982年
『歴史の現在と地域学:現代中東への視角』板垣雄三,岩波書店,1992年
『オリエンタリズム 上・下』エドワード・W・サイード(板垣雄三・杉田英明監修,今沢紀子 訳)平凡社,1993年
『オスマン帝国の解体:文化世界と国民国家』鈴木董,筑摩書房(ちくま新書)2000年
『ナショナリズムとイスラム的共存』鈴木董,千倉書房,2007年
『世界の食文化10 アラブ』大塚和夫編,農山漁村文化協会,2007年
『アラブ諸国の情報統制:インターネット・コントロールの政治学』山本達也,慶應義塾大学出版会,2008年
『アラブ・ミュージック:その深遠なる魅力に迫る』関口義人編,東京堂出版,2008年
『アラブの音文化:グローバル・コミュニケーションへのいざない』堀内正樹ほか編著,スタイルノート,2001年


イスラーム関連

『コーラン 上・中・下』井筒俊彦訳,岩波書店(岩波文庫)1958年
『イスラーム文化:その根底にあるもの』井筒俊彦,岩波書店(岩波文庫)1991年
『イスラームの日常世界』片倉もとこ,岩波書店(岩波文庫)1991年
『イスラームとは何か:その宗教・社会・文化』小杉泰,講談社(講談社現代新書)1994年
『現代中東とイスラーム政治』小杉泰,昭和堂,1994年
『イスラームと近代』中村廣治郎,岩波書店(叢書 現代の宗教13),1997年
『イスラム教入門』中村廣治郎,岩波書店(岩波新書)1998年
『イスラーム的:世界化時代の中で』大塚和夫,NHKブックス,2000年
『イスラムの近代を読みなおす』臼杵陽,毎日新聞社,2001年
『イスラームのロジック:アッラーフから原理主義まで』中田考,講談社(講談社選書メチエ)2001年
『増補 イスラームに何がおきているか:現代世界とイスラーム復興』小杉泰編,平凡社,2001年
『現代イスラーム世界論』小杉泰,名古屋大学出版会,2006年
『現代イスラーム思想の源流』飯塚正人,山川出版社(世界史リブレット),2008年
『イスラームから考える』師岡カリーマ・エルサムニー(白水社),2008年
『イスラームはなぜ敵とされたのか:憎悪の系譜学』臼杵陽,青土社,2009年
『イスラーム:知の営み』佐藤次高,山川出版社(シリーズ「イスラームを知る」1)2009年
『原理主義の潮流:ムスリム同胞団』横田貴之,山川出版社(シリーズ「イスラームを知る」10)2009年


パレスチナ/イスラエル紛争関連

『イスラエルとパレスチナ:和平への接点をさぐる』立山良司,中央公論社(中公新書)1989年
『中東 共存への道:パレスチナとイスラエル』広河隆一,岩波書店,1994年
『中東和平の行方:続・イスラエルとパレスチナ』立山良司,中央公論社(中公新書)1995年
『中東和平への道』臼杵陽,山川出版社(世界史リブレット),1999年
『パレスチナへ帰る』エドワード・サイード(四方田犬彦訳・解説)作品社,1999年
『パレスチナ 新版』広河隆一,岩波書店(岩波新書),2002年
『パレスチナ:動乱の100年』エリアス・サンバー(飯塚正人監修,福田ゆき・後藤淳一訳) 創元社,2002年
『パレスチナ問題』エドワード・W・サイード(杉田英明訳)みすず書房,2004年
『世界化するパレスチナ/イスラエル紛争〈新世界事情〉』臼杵陽,岩波書店,2004年
『パレスチナから報告します:占領地の住民となって』アミラ・ハス(くぼたのぞみ訳)筑摩書房,2005年
『パレスチナの歴史』奈良本英佑,明石書店,2005年
『パレスチナ』ジョー・サッコ(小野 耕世訳),いそっぷ社,2007年
『イラン・パペ、パレスチナを語る:「民族浄化」から「橋渡しのナラティブ」へ』イラン・パペ(ミーダーン「パレスチナ対話のための広場」訳)柘植書房新社,2008年
『ホロコーストからガザへ:パレスチナの政治経済学』サラ・ロイ(岡真理・小田切拓・早尾貴紀編訳)青土社,2009年
『ハイファに戻って/太陽の男たち』ガッサーン・カナファーニー(黒田寿郎・奴田原睦明訳)河出書房新社; 新装新版版,2009年
『ディアスポラのパレスチナ人』錦田愛子,有信堂,2010年
『ユダヤ人』J.P.サルトル(安堂信也訳)岩波書店(岩波新書),1956年
『パーリアとしてのユダヤ人』ハンナ・アレント(寺島俊穂・藤原隆裕訳)未来社,1989年
『見えざるユダヤ人:イスラエルの〈東洋〉』臼杵陽,平凡社,1998年
『揺れるユダヤ人国家:ポスト・シオニズム』立山良司,文芸春秋(文春新書)2000年
『イスラエル・ロビー:アメリカの外交政策1/2』ジョン・J・ミアシャイマー,スティーブン・M・ウォルト(副島隆彦訳)講談社,2007年
『ユダヤとイスラエルのあいだ:民族/国家のアポリア』早尾貴紀,青土社,2008年
『イスラエル』臼杵陽,岩波書店(岩波新書),2009年
『ユダヤ人の起源:歴史はどのように創作されたのか』シュロモー・サンド(高橋武智監訳)ランダムハウス講談社,2010年
『トーラーの名において:シオニズムに対するユダヤ教の抵抗の歴史』ヤコブ・M・ラブキン(菅野賢治訳)平凡社,2010年


事典類

『岩波 キリスト教辞典』大貫隆他編著,岩波書店,2002年
『岩波 イスラーム辞典』大塚和夫他編著,岩波書店,2002年
『イスラーム世界事典』片倉もとこ他編著,明石書店,2002年
『イスラーム世界研究マニュアル』小杉泰・林佳世子・東長靖編,名古屋大学出版会, 2008年

大学:ヨルダン

アジュルーン大学 アンマーン大学 応用科学大学
ドイツ・ヨルダン大学 ヨルダン大学 ペトラ大学
ザイトゥーナ大学 ヨルダン科学工科大学 ヤルムーク大学
ジャラシュ大学 ムウタ大学 フセイン・ビン・タラール大学
アールバイト大学 タフィーラ工科大学 ハーシム大学

大学:パレスチナ自治区

ビールゼイト大学 ヘブロン大学 ベツレヘム大学
アル=クドゥス大学 ガザ・アズハル大学 アル=ナジャーフ国立大学

大学:イスラエル

ヘブライ大学 テクニオン-イスラエル工科大学 バルイラン大学
テルアビブ大学 ハイファ大学 ベングリオン大学


メディア:パレスチナ自治区

アル=クドゥス (大衆紙・エルサレム拠点)
アル=アイヤーム (ラーマッラー拠点)
アル=ハヤート・アル=ジャディード (パレスチナ暫定自治政府発行)
マアン (英語・ヘブライ語あり、ベツレヘム拠点)
ワファー (英語・仏語・ヘブライ語あり、パレスチナ暫定自治政府発信)



メディア:イスラエル

■ 新聞
3大日刊紙
ハアレツ(シオニスト左・知識人むけ)
マアリブ(大衆タブロイド)
イディオトアハロノット(大衆タブロイド) 日刊最大(各紙系で別途経済紙あり)
イスラエルハヨム フリーペーパー (新しい) (右)
エルサレムポスト (海外ユダヤ・英語 右)

■ ラジオ
ガレイ・ツァハル (軍系放送)
コル・イスラエル (Israel Broadcasting Authority )
チャンネル7 (入植者系 宗教右派)

■ TV
Israel Broadcasting Authority系 (公共放送的)
チャンネル1(ヘブライ語、90年代まで唯一のTVチャンネル)
[チャンネル33(新しい・主にアラビア語)]

・Second Israeli Broadcasting Authority系(商業放送的)
チャンネル2  (チャンネル2系2大TV制作会社)
ケシェット
レシェット

チャンネル99 (国会放送)>



日本の学会・研究機関

アジア経済研究所
日本イスラム協会
日本オリエント学会
日本中東学会